ピアニスト

独自の視点によるジュニア~シニアまで幅広く適用できるピアノレッスンについての豆知識や方法論をご紹介致します。

【鍵盤に慣れ親しもう】

幼稚園や保育園で「鍵盤ハーモニカ=ピアニカ」を使って音を出したことがあるお子さんが多いと思います。
特に筋力が大人と比べると非常に弱い幼少のお子様は、まずは鍵盤ハーモニカで指使いから覚えていくと良いと私は考えます。
遊びの延長線上として楽器を演奏する楽しさから興味を拡げていくと良いと思います。
指もまだ短く小さなもみじのような手で、大人と同じサイズの鍵盤を打鍵する行為で負荷が掛かり、腱鞘炎等けがを招くことも考えられます。
筋トレ同様、徐々に腕や指のパワーアップを図ると良いでしょう。
市販のポータブル鍵盤(カシオトーンやポータトーン等)で鍵盤に慣れ親しむとピアノ演奏に移行しやすいです。
親御様は日々の音遊びから興味を拡げて、音楽の楽しさを伝え、練習する意欲を養って差し上げて下さい。
ご家族様のご協力なしには、お子様のピアノの上達は望めません。

お問い合わせのフォームメール

AX-BEATS音楽教室 Since2004・Mar